image

前節のvs熊本が「自滅と書くにもその言葉さえ勿体無い」位に酷い試合だったので、それに比べれば、選手達も何とかしようと頑張ってたのは理解します。
それでも、完敗という事実は残る訳でして。その辺は、当然ながら悔しいところで、何とかならないものかと。

元々、大宮のほうがはるかに上位なので何とか凌いでどこかで先制して逃げ切れれば……と思ったのですが、それを嘲笑うかの如く序盤での2失点が重くのし掛かることに。
工夫を立てようにも、これではどうにも……という見方もあるでしょうが、今季の横浜FCが上位相手でなかなか勝てないのは、ペースを呼び込む工夫が序盤から終盤まで通じて、緩急をつけられないというか、普通に正面から当たってしまっているのかな、と。
特に、大宮みたいな相手には、最初に何か仕掛けていって「いつもとは違う」みたいな感触を植え付けるような、そんな一工夫ができれば、もう少し立ち向かえるかもしれませんが。

もっとも、結果が残された以上は、いろいろ思っても詮無き事なので、何とか悪いイメージを引きずらないで次節に臨んで欲しいものです。
image


>
2015明治安田生命J2リーグ
第25節vs.大宮アルディージャ
@NACK5スタジアム大宮

横浜FC 0 (0-2) 3 大宮


<得点者>
5分 渡邉 大剛(大宮)
8分 家長 昭博(大宮)
63分 泉澤 仁(大宮)

<入場者数>
9,747人

●試合終了後コメント
(監督 ミロシュ ルス)
前半の10分で今日の試合は決まってしまったと思います。
自分達の立ち上がりの悪さで簡単に2失点してしまって、非常に試合を難しくしてしまいました。
後半はうちも立ち直って攻撃する回数も増えましたけど、最後決めきれなくて大宮さんは最後まで余裕を持ってゲームを終わらせることができたのではないかと思います。