a86de515.jpg
終盤の小野瀬→野崎で決まったゴールは、何となく昨年の三ツ沢でのvs水戸戦を思い起こさせた。
それにしても、この乱戦をよく勝ちきれたと思う。菊岡のFKが決まった時点では「何とか同点に」というのか精一杯だと思ったから。

とにかく、一度手放しかけた流れを引き戻して、最後に勝ちきれたのは、諦めない心から来るものだったのは、間違いないところ。
ここで踏み止まれた事を十分に噛みしめて、次のvs福岡戦に臨みたいと思います。


>2012Jリーグディビジョン2
第20節vs.栃木
@栃木県グリーンスタジアム

●試合終了
横浜FC 4 (2-2) 3 栃木

【得点者】
24分カイオ(横浜FC)
26分オウンゴール(栃木)
43分菊岡拓朗(栃木)
45分オウンゴール(横浜FC)
50分大久保哲哉(横浜FC)
62分サビア(栃木)
89分野崎陽介(横浜FC)

<入場者数>
5,041人

●試合終了後コメント
(監督 山口 素弘)
「なんとも言えないゲームになったかな。と。
両チームがオウンゴールをしたりと。
でもそんな中で、勝ちに最後までこだわった
選手達の姿勢がゴール、勝ちにつながったと思います。」