あの「歓喜の瞬間」から1週間。昨年までの経過からして未だに優勝したことを信じられないながらも、今年着実に歩んできて確実に勝ち取ってきた戦果をかみ締めながら、この1週間を待っていた。そして、迎えた12月2日、シーズン最終戦となる、対愛媛FC戦。場所は「俺たちの丘」三ツ沢球技場。

 今回の試合、随分前からササンガム隊長あたりと「観に行こうか」と話していた。その時は、昇格争い真っ只中で場合によっては・・・というケースもあり得たので結構ドキドキしたものがあったが、優勝(&昇格)を既に決めた後だっただけに、プレッシャーからは解放されることに。ただ、今回の快挙によって予想以上に観衆が押し寄せると知ったときには、別のプレッシャーを感じたもので(笑)、同行するササンガム隊長及びカモネギさんには、早めの集合を呼びかけることに。

 で、昼前に集合して開門前に三ツ沢につくと、そこは人・人・人の何重にも織り成す列が・・・Σ( ̄□ ̄;)!!
 これが「優勝効果」なのか・・・
 
 そして、キックオフ前まで次々と埋まっていく観客席。遂には、普段横浜FCサポが入っていくことの無い、相手側ゴール裏まで観客が押し寄せる事になり、場内を「青く」染め上げていく。
 そして、選手入場時には来場時に手渡された「青い風船」が一斉に空に昇っていき、どこか幻想的な光景を思わせた。

 城を中心に円陣を組み気合を入れる横浜FC。既に優勝は決まっているが、ここは勝って快く城を、そして北村や富永、崔成勇などこの試合を最後に横浜FCを去っていく選手達を気持ちよく送り出したいところだ。

 しかし、前半では動き回る愛媛FCの運動量に押されたか、後手に回る事が多かった。ゴール前には、動きのいい菅沼や江後、田中俊といった動きの良い選手が次々と襲い掛かってくる。
 ただ、序盤はミスが目立ちながらも徐々に慣れていったか中盤での主導権を握っていく。しかし、決定的チャンスはなかなか作れず、さらにはカズが途中で退きアレモンに交代。この交代は、タイミング的に予想外で「早すぎるのでは?」と感じたものだ(後に、これは怪我によるものと判明)。

 前半を0-0で終え、後半へ。後半では横浜FCペースになりながらもなかなか得点できずに進んだ後半24分。左サイドFKからオッパ(崔成勇)のクロスをファーサイドからヨンデ(鄭容臺)が足を伸ばして飛び込んで、待望の先制点をゲット!
 こうなると、もう止まらない。後半32分には、左サイドでパスを受けた城がクロスを上げ、アレモンがダイビングヘッド!

 そして、試合はこのまま2-0で終了。見事に勝利でシーズンを締めくくった。

 試合後の「シーズン終了セレモニー」。J2優勝カップを受け取る、キャプテンの城。その姿には、何か込み上げるものを感じたのは、言うまでもない。我々サポーターも、選手達も。そして、城本人もそう感じたに違いない。

71a84244.jpg


 そして、高木監督らが胴上げ。

 シーズン終了報告には、奥寺社長が、高木監督が「優勝」の報告。そして、城が挨拶に立ち、サポーターに感謝の挨拶を。これには、四方から万感の「ジョーショージ」コールが沸き起こる。

 「サポーターの選ぶ年間MVP」でも堂々の1位だった「キング・ジョー」。そんな彼に敬意を表し、「キング ジョー・ショージ」コールが沸き上がる三ツ沢球技場。城が頑張ってきたからこそ優勝できた。城1人ではないのだが、キャプテンとしてエースとして、苦しい時期でも頭を下げずにひた向きに頑張ってきた経緯を、多くのサポーターは知っている。だからこそ、長年の感謝を込めての精一杯のコールが鳴り止まぬ事は無かった。

 「夢」はいつかは覚めるものだが、せめて暫らくは優勝の歓喜、そしてそこには「城 彰二」というかけがえの無い存在があったという思い出に浸っていたい。そういう気分にさせられた、シーズン最終戦であった。

5b0fe8a5.JPG