昨日のvs水戸戦については、いろいろと「反省点」が出る内容なのは間違いないところでしょうね。
それが、「勝ち続けなければいけない」プレッシャーからなのか、連戦の疲労からなのか、理由はいろいろあれど、今こそ岸野監督が常々語る「根性」が問われている感じですかね。
ここまで、「根性」を発揮して乗り切って来たのだから、今後の試合においても「それができる!」と信じて応援していくしかありません。そんな気持ちです。

そんな思いで書いた観戦記は、こちらです。
http://giocatore.blog9.fc2.com/blog-entry-4313.html

それはともかく、水戸のGK本間選手は、横浜FC相手となると何故か「神懸かってる」んだよなぁ・・・。そんな本間選手が攻撃参加してきた日には・・・
PB076388

まあ、それでも最後までしぶとく戦い抜いて1-0で勝利。苦しい展開でも勝てたのは、今の横浜FCの「強さ」でもあるところかと。その点「だけ」は自信を持って、今季残り5試合を乗り切って行きたいところです。



さて、今回のエントリは「これ」だけではありません。

既に、阪南大の井手口選手、中大の佐藤選手の来季加入が内定していますが、今日新たに1人、同志社大の荒堀選手の来季加入内定が公式に発表されました。
同志社大学よりMF荒堀謙次(あらぼりけんじ)選手加入内定のお知らせ
2010/11/08

横浜FCでは、2011シーズンの新戦力とし同志社大学(関西大学リーグ1部)体育会サッカー部よりMF荒堀謙次(あらぼりけんじ)選手(22)の加入が内定いたしましたのでお知らせいたします。同選手のプロフィールは下記の通りです。
 
荒堀謙次(Kenji ARABORI/22歳)
■生年月日:1988年7月31日(22歳)
■ポジション:MF
■身長/体重:167cm/62kg
■出身地 :滋賀県
■チーム歴:
1994年~2000年
三上JSC(野洲市立三上小学校)
2001年~2003年 
野洲市立野洲中学校
2004年~2006年
滋賀県立野洲高等学校(第84回全国高校サッカー選手権大会優勝)
2007年~
同志社大学
 
■特 徴:左右両足から繰り出される精度の高いキック、ドリブルで人をかわす力を持っている。状況判断に優れており、走れて闘える選手。
 
■荒掘謙次選手コメント:
「この度、横浜FCに入団でき嬉しく思います。試合に出ることでチームに貢献することが目標です。自分自身もっと上に行かないといけないので、日々の練習から頑張っていきます。よろしくお願いします。」


野洲高校時代に高校サッカー優勝・・・という事は、現在セレッソ大阪所属の乾選手の「同級生」という事になりますかね。そして、あの「セクシーフットボール」をになった一人、という事かと。
そして、「特徴」を見ると何となくですが、高地選手や寺田選手の「いいところ取り」みたいな感じもして、面白そうな感じがします。

期せずしてか、今日発売のエルゴラ(の特集)で、岸野監督が「(井出口、佐藤に次いで)もう二人の大卒の選手の獲得が決まって」いると言及してましたが、その一人が荒堀選手ということなんでしょうか。
そして、この4人が「相当高いレベルの即戦力」との事で、来季に向けてかなり楽しみな選手が入って来たな、と実感するところです。

ようこそ、荒堀選手!来季はこの横浜で頑張って共に戦っていきましょう!